アトピー肌の状態

アトピー性皮膚炎は、ひどいかゆみと発疹の症状が繰り返し出現する皮膚疾患です。顔面、首、ひじ、ひざなどの部位に起こりやすく、ひどくなると体中へと範囲が拡大します。アトピー性皮膚炎を発症している人の肌は、バリア機能が低下した状態になっています。そして水分が失われてしまっていて乾燥しています。バリア機能が低下してカサカサになった肌は、外部からの刺激物質が入り込みやすくなっています。

肌がカサカサしていて外部刺激を受けることにより、かゆみの症状が出現します。このかゆみに耐えることができずにかいてしまうと肌が傷ついたり、すでにある傷口をひどくしたりして、肌の状態をより悪くしてしまいます。かくことによる刺激がかゆみをひどくし、またかいて肌を傷つけて皮膚状態を悪くするという負のサイクルが完成してしまうのです。

なぜバリア機能が低下したり水分が失われたりするのかというと、アトピー性皮膚炎の人はセラミドがアトピー性皮膚炎ではない人と比較して乏しいというのが主な理由です。皮膚のバリア機能や水分を維持する機能はセラミドが含有成分の大半を占める細胞間脂質が80%を担っており、残りは天然保湿因子(NMF)が18%、皮脂が2%を占めています。

当サイトでは、このような状態になっているアトピー性皮膚炎の肌にとって大切なケア方法を紹介します。症状が気になる場合はまずドクターに相談することをおすすめしますが、どういうスキンケア法があるのか興味のある方は、別のページの内容もチェックしてみてください。